日本の現状と知財戦略~技術ベンチャーの立ち上げに必要な知財戦略~

内田・鮫島法律事務所
弁護士/弁理士 鮫島 正洋氏

なぜ、特許をとらなければならないのか。
この本質的な問いに、あなたは明確に答えることができますか?

競争力のある企業体を作るのに、
そもそも、知財がどういうメカニズムで貢献するのかは、
世の中には実はほとんど知られていないという。

本講座は、日本の厳しい現状を踏まえ、なぜ今、技術ベンチャーが必要なのか、
技術ベンチャー立ち上げの際、どのような知財戦略で臨むべきか、
豊富な事例を交え、解説する。

講師は、2011年上半期直木賞受賞小説「下町ロケット」(池井戸潤 著)に登場する
”敏腕弁護士神谷”のモデルである鮫島正洋 弁護士/弁理士(内田・鮫島法律事務所)。

内田・鮫島法律事務所
弁護士/弁理士 鮫島 正洋氏

ログインすると、動画の視聴が可能になります

ログインすると、関連資料のダウンロードが可能になります

Copyright © Photonics Advanced Research Center, Osaka University. All Rights Reserved.