半導体ナノ粒子(量子ドット)

大阪大学大学院工学研究科 桑畑 進教授 上松太郎助教

半導体ナノ粒子は、粒子径に応じた光学特性の変化や、バルク半導体ではほとんどみられない強い蛍光発光を示す材料として注目を集めている。励起光波長を選ばない半導体としての性質をもつことから、とりわけ生物試料の蛍光染色試薬(バイオマーカー)としての利用が広がっているが、発光デバイス、レーザー、波長変換、光電変換デバイスなど、応用可能な範囲は限りなく広い。物理と化学の境界領域とも言えるこれらの研究を理解する上で、材料に関する基礎的な理解は欠かせない。
 本講義では、半導体の物性やナノ粒子化がその電子構造に与える影響について、学部で習得する物理を踏まえながら丁寧に解説する。また、発光性ナノ粒子合成の歴史から、毒性の低い最新の半導体ナノ粒子に至るまでの化学的な発展を紹介する。さらに、蛍光体以外のナノ粒子の利用法として、光電変換デバイスやエレクトロルミネッセンスについて、ナノ粒子ならではの優れた特性に重点を置きながら解説する。

大阪大学大学院工学研究科 桑畑 進教授 上松太郎助教

ログインすると、動画の視聴が可能になります

ログインすると、関連資料のダウンロードが可能になります

Copyright © Photonics Advanced Research Center, Osaka University. All Rights Reserved.