テラヘルツ波技術と応用

大阪大学 レーザーエネルギー学研究センター
テラヘルツサイエンスグループ
萩行正憲 教授

我が国のテラヘルツ研究の初期から研究に携わり、多様な分野で新しいテラヘルツ技術の先駆的な応用を進める萩行正憲教授が、電磁波開拓全体の歴史に触れながら、テラヘルツ波の歩みを解説する。
波長30㎛から3mm程度、周波数にすれば0.1THzから10THz程度の電磁波のことを近年特に、テラヘルツ波(テラヘルツ電磁波、THz波)と呼ぶ。
テラヘルツ波は、多くの物質を透過するという電波の性質と、光学機器で空間をとりまわせる光の性質とを併せもっており、セキュリティーや農業、医療、食品科学、半導体産業など広範な分野での応用が期待される。
しかし、これまでは、扱いが容易な光源及び検出器がなかったため、ほとんど利用されてこなかった。
長い間「未踏の光」とも呼ばれてきたテラヘルツ帯電磁波は、近年の光源開発とその応用により、いまや最も発展の著しい周波数領域である。

大阪大学 レーザーエネルギー学研究センター
テラヘルツサイエンスグループ
萩行正憲 教授

ログインすると、動画の視聴が可能になります

ログインすると、関連資料のダウンロードが可能になります

Copyright © Photonics Advanced Research Center, Osaka University. All Rights Reserved.