近接場光学顕微鏡

大阪大学大学院生命機能研究科
井上康志教授

どんなに高性能の優れたレンズを用いても、光はその波長よりも小さく絞り込むことはできない。この現象は回折限界と呼ばれ、これにより光学顕微鏡の空間分解能は、観察に用いた光の波長の半分程度に制限されてしまう。
しかし、生体を構成する分子やタンパク質、細胞内小器官などは、数十ナノメートル以下であり、これらをダイレクトに観察できるナノメートル・スケールの分解能をもつ顕微鏡が渇望されている。
本講義では、その要求に応えることのできる「近接場光」とそれを用いた「近接場光学顕微鏡」について解説する。
回折限界の原理をアニメーションを用いて説明するイントロダクションは必見!

大阪大学大学院生命機能研究科
井上康志教授

ログインすると、動画の視聴が可能になります

ログインすると、関連資料のダウンロードが可能になります

Copyright © Photonics Advanced Research Center, Osaka University. All Rights Reserved.