大気圧低温プラズマジェットを用いたプラズマ誘起液中化学反応のナノ・バイオ応用

大阪大学大学院工学研究科
アトミックデザイン研究センター
北野勝久准教授

指で触れれる程度の低温な大気圧プラズマを用いて液中で化学反応を誘起するという新しいコンセプトに基づき、各種のバイオ応用研究を進めている。プラズマにより液中に活性種を供給して、無機反応、有機反応を利用した各種バイオマテリアルの研究を行った。
また、人体に対するプラズマプロセスと言えるプラズマ医療の基礎研究として、液中誘起フリーラジカルを利用した液体の効率的殺菌技術の開発を行った。プラズマが生成する気相・液相中の活性種を各種測定装置により診断を進めることで、物理・化学・生物的な反応機序を明らかにしようとしている。

大阪大学大学院工学研究科
アトミックデザイン研究センター
北野勝久准教授

ログインすると、動画の視聴が可能になります

ログインすると、関連資料のダウンロードが可能になります

Copyright © Photonics Advanced Research Center, Osaka University. All Rights Reserved.