ラマン散乱顕微鏡入門

大阪大学大学院基礎工学研究科
橋本 守准教授

GFPの発見とその開発に対し下村教授にノーベル化学賞が授与されたことは記憶に新しい。GFPを利用した蛍光観測は見たいものだけを光らせることができ、非常に高感度な反面、試料へ及ぼす影響も考慮しなければならない。
 本講座では、生体組織を生きたまま、前処理なしに、何の分子がどのように分布しているか知る必要性から、ラマン分光法の優位性を説き、その原理や装置、応用研究について説明。さらに、最近の研究結果として、リアルタイムで観測できるCARS顕微鏡を紹介する。

大阪大学大学院基礎工学研究科
橋本 守准教授

ログインすると、動画の視聴が可能になります

ログインすると、関連資料のダウンロードが可能になります

Copyright © Photonics Advanced Research Center, Osaka University. All Rights Reserved.