磁性材料の産業への利用

大阪大学大学院工学研究科
中谷亮一教授

磁性材料の情報産業への利用例、スピンエレクトロニクスに係る物理現象、将来の磁気デバイスについて取り上げる。
本講義では、将来の磁気デバイスとして、磁性ランダムアクセスメモリ、レーストラックメモリ、マイクロ波デバイス、磁性演算素子を紹介する。
中でも注目は磁性演算素子で、これが実現できれば、主要部分を磁性体の働きで動作させる磁性コンピュータを創ることが可能となる。
磁性コンピュータは、宇宙空間や原子炉付近などの極限環境で強く、信頼性の高いコンピュータである。太陽フレアやコロナ質量放出による電子機器の破壊が危惧される近年において、最も実現が期待されるコンピュータだ。

微小磁性体間の交換相互作用を利用した論理演算素子において、NANDおよびNOR論理演算の検証に成功した中谷教授の磁性材料シリーズ完結編。

大阪大学大学院工学研究科
中谷亮一教授

ログインすると、動画の視聴が可能になります

ログインすると、関連資料のダウンロードが可能になります

Copyright © Photonics Advanced Research Center, Osaka University. All Rights Reserved.